【DAS GDR15 レビュー】1年以上使い倒した私が感じたメリット5つ

DAS GDR15 merit
目次

はじめに

どうも、SAIと申します。

本日は2019年6月に購入した『DAS GDR15 CQB』を現在まで使い倒した私が感じた良い点を詳しく解説していきたいと思います。

DASに関して気になっている方の参考になれば幸いです。

DASって何という方はDASについて解説している記事をお読みいただければどんなものなのかわかるかと思います。

デメリットについても記事があるのでそちらもよろしければどうぞ

さっそく1点目

1.電動ガンとしては最高のリコイル

という点です。 

DASといえばコレという方も多いと思います。

私も最初コレに惹かれてDASに興味を持ちました。

ただ、注意としては「電動ガンとしては」という点です。

たまにガスブロ並みのリコイルと言っている人がいたりしますが、箱出しのままではさすがにそこまでのリコイルはありません。

公式から出ている「スチールボルトキャリア」や「ダイナミックリコイルバッファ」といったリコイルを増加させるカスタムパーツを組み込めばかなりのリコイルを感じることができますが、さすがに真夏のガスブロには敵いません。

しかし、そもそもガスブロと比較するとリコイルの質からして違うので、そのあたりは割り切りが必要です。

とはいえ、電動ガンとしては間違いなく最高クラスのリコイルではあるので電動でかつ強力なリコイルが欲しいという方には間違いなくオススメです!

2点目は

2.ガスブロと同様の機構で動作する

という点です。

ガスブロと同様の機構であるということは様々な利点があります。

・テイクダウンができる

・シア式なのでトリガーのキレが非常に良い

・弾を撃つたびにボルトキャリアが動く

・ボルトストップがかかる

などなど

本当はこの各項目についても詳しく語りたいところですが長くなってしまうので箇条書きのみにします…

ガスブロで出来ることはだいたい出来ます。

つまりは非常にリアルということです。

購入前はリコイルに惹かれて購入しましたが、購入後はこれのほうが最大の利点だと思うようになりました。

ゲームスタート前にマガジンを挿入し、チャージングハンドルを引いて弾込めをし、弾を撃つたびにボルトキャリアが激しく

動作し、弾切れでボルトストップがかかり、リロードをしてボルトリリースをする。

これが1年中いつでも出来るというだけでも購入したかいがあります。

3点目は

3.電動ガンである

という点です。

具体的にガスガンと比べて電動ガンだと何が良いのかというと

・マガジンの冷えやガス残量を気にしなくてよい

・マガジンが軽い

・バッテリーで動くのでガス缶を何本も持ち込まなくてよい

・ガス不要なのでランニングコストが低い

などの利点が挙げられます

ガスブロだと

・毎回マガジンにガスを注入したり

・冷えを気にしながら弾を撃たなきゃだったり

・マガジンが重かったり

・ガスがそこそこ高いのに燃費が悪かったり

などなど

煩わしいことが多々あると思います。

私も元々ガスブロユーザーなので大変よくわかります…

まあ、それらも含めてロマンなので当時は別に気にしていませんでしたが(笑)

しかし、DASを購入してからすっかり長物ガスブロを使わなくなってしまいました。

もともとは夏はガスブロ、冬はDASと使い分けをしようと思って購入をしたのですが

一度、このガスブロのように動作するのにガスブロの煩わしさがないという経験をしてしまった結果

すっかり夏でもDASを使うようになってしまいました。

(正直、高い金出して買ったから使わなきゃという思いがないわけではないですが…)

ともあれDASさえあればオールシーズン「リコイル以外ガスブロ」のエアガンが使用できます!

4点目は

4.エアコキとしても使える

という点です。

これはメインのアピールポイントというよりはあると結構便利って感じの利点になります。

この利点としては

・万が一、バッテリーが切れてもゲームに参加できる

・家で整備したりして少し撃ちたいときにわざわざバッテリーを繋がなくても撃つことができる

というところですかね。

この家で少し撃ちたいときにバッテリー繋がなくてもよいというのが個人的に地味に便利な機能でよいです。

サバゲー前日に一応初速を測っとこうかなぁ、とかホップパッキン交換したからちゃんと出るか試したいなぁ、とか

わざわざバッテリー繋ぐのめんどくさいって時に結構便利です。

5点目は

5.素材の剛性がすごい

という点です。

公式によるとDASの主要部品のほとんどにA7075アルミ(超々ジュラルミン)が使われているそうです。

これは航空機材、実銃の材料などにも使用されるくらい強度がある素材となっており非常に剛性の高い素材です。

なのでちょっとやそっとじゃ、ガワが壊れたりすることはありません。

ただし、中身は電動ガンなので回線の不良やギア軸の焼き付きなど内部にエラーが発生して壊れることはありますのでご注意ください。

といったところで今回はDAS GDR15を購入後、1年8か月使い倒した私が感じたDASのメリット5つを紹介させていただきました。

DASが気になっている方や検討している方の参考になれば幸いです。

また、他にもこんな利点があるよ!というユーザー様もいらっしゃると思いますが

今回の記事では私の個人的な感想ですのでご了承ください。

それではまた次回!

DAS GDR15 merit

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

東京都在住、27歳薬剤師。
高校生のころからサバゲーを初めてかれこれ10年近く経ちます。
埼玉のフィールドへの出没率高め。月1~2回ほどサバゲーに行きます。
愛銃はDAS gdr15とMTW、たまにCA870、T11。
エアガンやアタッチメント、サバゲー用品などのレビューをしていきます。

目次
閉じる