ベクターオプティクス マーベリック SCRD-12 GenⅡ徹底レビュー

VectorOpticsMaverick GenⅡ
目次

はじめに

どうも、SAIと申します。

今回はVector Optics Maverick SCRD-12 GenⅡを購入したのでレビューをしていきたいと思います。

もともとSCRDー12のGenⅠも所有しているのでそちらとの比較もしていきたいと思います。

外観

外箱

まずは恒例の外箱から

ベクターオプティクスといえばこの箱ですね

内容物

内容物はこんな感じ

・マーベリック本体

・トルクスレンチ

・ローマウント

・レンズカバー

・レンズ拭き

外観

左側
右側
上面
対物レンズ

ちなみにローマウントを付けるとこんな感じ

比較しているのは形がほぼ同じのマーベリックのGenⅠです

GenⅠとGenⅡの比較

まずはスペックの比較から

変わった点としては

全長が少し長くなった

ドットの調節幅が少なくなった

若干重量が増した

ドットの調節幅が少なくなったのは痛いですね…

調節のしやすさをとるか調節幅をとるかという感じですね

GenⅠ

GenⅡ

GenⅠ

GenⅡ

マウント部分がGenⅡでは肉抜き加工され、より軽量化されています

さらにドットの調節ノブが工具不要のダイヤル式に変更されています

GenⅠ

GenⅡ

対物レンズは特に変わり無いですね

GenⅠ

GenⅡ

接眼レンズもそこまで差はありません。光度はともに11段階目です。

GenⅡの方が若干光度が弱いかなあといった感じくらいですね

Gen Ⅰ

GenⅡ

カタログスペックではGenⅡの方が少し重いとありますが実測値ではGenⅡの方が軽いですね

GenⅡの特徴

ドットの調節が工具不要

これはなんといってもサイト調節ノブが工具不要で回すだけでドットの調整が可能という点です。

・頻繁に使用する銃を変える方

・フィールドによってBB弾の重さを変える方

・ゲーム中にドットの調節をする方

上記のような方にはこのノブ式は非常に大きな利点となりますね

私もメインは基本同じですが、気分転換用にサブとして持っていく銃が都度変わります

なのでそのたびにゼロインでめんどくさい思いをしていました

このドットサイトなら工具を使用せずノブを回すだけでゼロインができるのは感動ものです

マウントへ取り付けがQD式

これはGenⅠのころからですが、マウントがQDなのでワンタッチで取り外しが可能です

そのため使用する銃を変える時にも簡単にドットサイトを取り付けることが可能です

QDのドットサイトに慣れてしまうとQD以外使う気なくなるくらいQDは使いやすいです

光度が11段階

ドットの光度(ドットの光の強さ)が11段階まで調節可能です

1~3まではドットが視認できないレベルに弱いです(ナイトビジョンとかを使う時用だと思います)

4からドットが視認できるようになり11が最大光度となります

なので実質的には4~11の8段階ですかね

それでも十分な調節幅だと思います

まとめ

いかがでしたでしょうか

今回はVector Optics Maverick SCRD-12 GenⅡについてGenⅠとの比較も含めて書かせていただきました

もともとベクターオプティクスのマーベリックはコスパが非常によいドットサイトだと評判でした

それが今回GenⅡになり、ほぼほぼ不満点がなくなったと思います

正直、ドットサイトに迷っている方はこれを買っておけばまず間違いないと自信をもってお勧めできます

価格も店によっては8000円を切るのでこのクオリティでこの価格はかなりコスパがいいです

もしドットサイトどれにしようかなと思っている方は検討してみてはいかがでしょうか

それではまた次回!

VectorOpticsMaverick GenⅡ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

東京都在住、27歳薬剤師。
高校生のころからサバゲーを初めてかれこれ10年近く経ちます。
埼玉のフィールドへの出没率高め。月1~2回ほどサバゲーに行きます。
愛銃はDAS gdr15とMTW、たまにCA870、T11。
エアガンやアタッチメント、サバゲー用品などのレビューをしていきます。

目次
閉じる